NPO法人 【仕事と子育て】 カウンセリングセンター

連絡先

NPO法人【仕事と子育て】
カウンセリングセンター事務局
住所:〒104-0045
東京都中央区築地2-12-10 築地MFビル26号館5階
TEL :  03-5565-4923
FAX :  03-5565-4914
MAIL: info@shigoto-kosodate.net

ページタイトル

No.40 連載を振り返って

No.40 連載を振り返って

師走。3歳の娘は、秋のアデノウイルス以来の病気でした。朝、「熱がもっと上がりそう」と親のカンで判断して会社や保育園に電話。病児保育の交渉をしつつ、クリニックから帰ると急上昇です。熱性けいれん歴があるので、ドキドキ。発熱から4日目は保育園に行き、クリスマス会に参加できました。元気だけれど微熱が続き、会社から園に何度か電話してフォロー。子どもの看病って、どうしてこんなに緊張するのでしょう。あちこちに頭を下げ、様子を観察して抱っこ。ママは動物のようにぴりぴり。少しの刺激で壊れそう。
 
子育ては、闘い。その前に、結婚や妊娠、出産するところから闘いなのです。私は35歳で遠距離結婚しました。流産を経験後に、39歳で初産。産前産後に夫が海外に単身赴任で、心身の危機も。育休から復帰したら娘の病気で休みがち、ママはダメ扱い。私のキャリア、どこに行っちゃったのという衝撃。一方でキャリアは削らなくていい夫との闘いが。メディアで働くママ会社員として、盛りだくさんの「体験取材」をしています。
 
まさに現場にいるいま、記しておきたいと思いました。ネットは、自由に見られるのがいいところ。私も、流産したときに経験者のブログに助けられました。妊娠中に不安になったり、子育てや仕事に疲れたり、孤軍奮闘するママたちの息抜きに見てもらえたら。これから子育てしたいかたや、ビジネスに生きるみなさんに「子育ては楽しさも、大変さもある」と知ってもらえたら。そんな思いで始めたコラムの連載が、40回になりました。初期からのコラムを振り返り、改めて紹介させていただきます。
 
心身の危機、産後を乗り切るノウハウをお伝えします。
★産後の心シリーズ http://www.shigoto-kosodate.net/essay/872/
産後の入院中、激しいブルーにおそわれて号泣の日々。カウンセリング、お友達、心のセイフティネットを総動員です。
★産後の体シリーズ http://www.shigoto-kosodate.net/essay/720/
「もはや産後ではない」と思ったのは2歳で授乳をやめてから。回復には時間がかかるのです。産後ケアセンター体験記も。
★妊婦さんへシリーズ http://www.shigoto-kosodate.net/essay/603/
流産を経験後の高齢妊娠。つわりがひどくて、食べられないし、けろけろの毎日。上司にどうやって報告する? 出産準備のまめ知識もどうぞ。
★飛行機デビュー http://www.shigoto-kosodate.net/essay/710/
0歳児を連れての旅行は緊張するもの。ママ1人で、海外へ3回連れて行ったノウハウを。
 
現役の会社員ならでは、育休から復帰して身が凍る思いもたびたびありました。
★子どもの病気 http://www.shigoto-kosodate.net/essay/748/
突然の病気→欠勤・遅刻→叱責されるママ→病児保育探し。そこまでして預ける必要が?→ママもうつって倒れた!
★孤育て http://www.shigoto-kosodate.net/essay/566/
子どもの高熱でも頼れる人がいない孤独。この閉塞感は何なのでしょうか。
★残念な夫? http://www.shigoto-kosodate.net/essay/736/
ママは育児で評価も給料も下がっているのに、夫の昇級が発覚。夫は残業も出張も自由…。家計を支えるには仕方ないけれど、このもやもや、どうしたらいいの。
★ママの健康管理 http://www.shigoto-kosodate.net/essay/801/
人間ドックで再検査の通知が。忙しいママこそ、がん検診や健康診断を受けましょう。
★延長保育 http://www.shigoto-kosodate.net/essay/928/
ママの勤務時間が、遅くなった。子ども時間は朝型。長時間労働って、キャリアって?
 
勤め人は、激コミの休日しかお出かけできません。娘と2人で体当たりのルポも満載です。
★テーマパーク・親子でランド編 http://www.shigoto-kosodate.net/essay/745/
腰痛でも寒くても、アラフォーママは並びますよ。
★仙台へ母娘旅 http://www.shigoto-kosodate.net/essay/804/
ビジネスホテルなら、娘と添い寝でシングル利用OK。新幹線は抱っこです。
★ママシアターで「アナと雪の女王」 http://www.shigoto-kosodate.net/essay/502/
ベビー連れでも気兼ねしなくていい、上映会があるんです。
★おけいこ体験 http://www.shigoto-kosodate.net/essay/913/
娘の好奇心が爆発して、バレエやダンス、お勉強を体験。働くママは、休日にやりくり。

一線で活躍するパパママのインタビューも掲載。それぞれの悩みや工夫に共感します。
★振付師・牧野アンナさん http://www.shigoto-kosodate.net/essay/510/
ダウン症のダンサーを育てています。AKB48グループの振り付けも。40歳でママに。
★まんが家・細川貂々さん http://www.shigoto-kosodate.net/essay/589/
「ツレがうつになりまして。」作者。宝塚が大好き。ツレ(だんなさん)も子育てに奮闘。
★友永ヨーガ学院長・友永淳子さん http://www.shigoto-kosodate.net/essay/809/
キッズや妊婦さんのヨガにも力を入れています。3人を育てた、グランドマザー。
★精神科医・大西秀樹さん http://www.shigoto-kosodate.net/essay/925/
がんの患者さん、遺族の心を支える専門家。共働きで息子さんふたりを育てました。
★メキシコ大使館・アルマンドさん http://www.shigoto-kosodate.net/essay/882/
単身赴任中に女の子が誕生。ファッションの世界で活躍する奥様と、支え合うパパ。
(なかの・かおり 39歳で初産。会社員生活は、20年目になりました)